持て余している空家を今こそ整理しませんか?

放っておくと大きな問題になる可能性もある空家

ご実家、相続で継承した物件、賃貸物件の老朽化など、様々な理由で放置している空家はありませんか?
近年、空家は増加傾向にあり、深刻な社会問題になっています。
国や自治体は空家対策の対策で法律を整備し、空家の解体や活用を模索しています。
いずれにせよ、まずは空家を整理してからではないと前に進めません。

遺品整理の事なら、ささいな事でもお電話ください。0120-055-882

増加する空家トラブルを解決するためにはどのようにすれば良いのか

空家を放置すると発生する様々な問題

空家を放置すると、どのような問題が発生するのでしょうか。
家は住んでいないと傷む、ということは皆さんもご存知の通りです。
家の周囲に生えてくる雑草や、手入れできない庭の植栽が伸び放題になったりしてしまう、いわゆる景観の悪化にも繋がります。
雑草や植栽には虫もついてしまいますし、ネコやイヌなどが住み付くといった不衛生にも発展してしまいます。
そして、空家には不法侵入や不法投棄といった、防犯・防災上の問題が発生します。

増え続ける空家対策で税制改正が行われました

空家にかかる税金の問題

空家問題は、過疎化した地方だけにとどまらず、都心部でも深刻な社会問題に発展しています。
空家が増えた大きな理由のひとつとして、相続した人が管理ができずに止むを得ず放置してしまっている、という核家族化の問題にも関係しています。
家を売るにも維持をするにもお金がかかってきますし、管理運用するにもそこまで手が回らないというのが現実のところでしょう。
そこで、空家を売却しやすいように特例が設けられた税制改正が行われ、国をあげて空家対策に乗り出しているのです。

持て余している空家を有効に活用する方法

空家をどうやって活用するのか?

「空家は維持費もかかるし、売るのにもお金がかかるし持っているだけで損だ」というお話をよくお聞きします。
空家というのは「家(建物)」と「土地」にかかってくる固定資産税、建物のメンテナンス代など、負担しなければならない費用が多くあります。
誰も住んでいない家をずっと管理するのも大変ですし、金銭的・気持ち的なご苦労も絶えません。
こうした空家を負の財産ではなく、収益を生み出したり地域や社会に貢献できる「役に立つ持ち物」として有効活用する方法が注目を浴びています。

空家の整理はもちろんのこと、整理後の活用方法や処分方法などのご相談も承ります。
また、解体やリフォームなどのご相談は提携会社との連携もございますので、お客様のニーズに応えることが可能です。